SHARP SDK AddOnダウンロード
ようこそSHARP SDK AddOnダウンロードページへ!

SHARP SDKアドオン(AddOn)をGoogle Android SDKに組み込むことで、JAVA Application開発環境をSHARP Androidスマートフォン端末向けに拡張することができます。
SHARP Androidスマートフォン端末に搭載される拡張APIを用いたJAVA Applicationの開発を行うことができます
 
SHARP SDK AddOnダウンロードはこちら:
PackagePlatform
Version
SHARP
API
Version
SizeDateスタート
ガイド
sharp_addon-JNDK01_r1.zip1.6
(API4)
1463001562014/03/28こちら
sharp_addon_2_for_API7.zip2.1
(API7)
2298091382014/03/28こちら
sharp_addon_3_for_API8.zip2.2
(API8)
3339326232014/03/28こちら
sharp_addon_4_for_API10.zip2.3.3
(API10)
4605466222014/03/28こちら
sharp_addon_5_for_API15.zip4.0.3
(API15)
5965851782014/03/28こちら
※2014年03月28日 Android SDK Tools 22.6以降 および ADT 22.6以降からSDK AddOnが認識されない事象について、SHARP SDK AddOnを更新いたしました。
 
MascotCapsule eruptionST向けの開発ツール類ダウンロードはこちら:
MascotCapsule eruptionST向けの開発ツール類が、すべて無償でダウンロードできます。eruptionST が搭載された端末をご利用の場合、ライセンスの必要なくアプリケーション開発が可能です。
ダウンロードの詳細につきましては、上記リンクからご覧ください。



【JN-DK01 SDK AddOn クイックスタートガイド】


1.Android SDKのインストール
Googleより配布されているAndroid SDKを「Android Developersサイト」より入手できます。
SDK Platformは“Android 1.6, API 4, revision 3”を入手して使用してください。

2.SHARP JN-DK01 AddOnの入手
最新のSHARP JN-DK01 AddOn(zip形式の圧縮ファイル)はこちら

3.AddOnの展開
ダウンロードしたZIPファイルを、Android SDKの”add-ons”フォルダ配下に解凍します。

4.Android update adbの実行
Android SDK Tools, revision 5以前のSDK Toolsを御利用のお客様は、Android SDKのtoolsフォルダ配下のandroidツールに、下記オプションを付けて実行します。Android SDK Tools, revision 6以降のSDK Toolsを御利用のお客様は、実行する必要はございません。
$ android update adb

5.Target IDの確認
コマンドラインより”android list target”と入力、JN-DK01 SDK AddOnのTarget IDを確認できます。
下記例では SHARP JN-DK01 AddOnのTarget IDは2です。
$ android list target
  Available Android targets:
  id: 1 or "android-4"
     Name: Android 1.6
     Type: Platform
     API level: 4
     Revision: 3
     Skins: HVGA, QVGA, WVGA800 (default), WVGA854
     ABIs : armeabi
  id: 2 or "SHARP Corporation:JN-DK01:4"
     Name: JN-DK01
     Type: Add-On
     Vendor: Sharp Corporation
     Revision: 1
     Description: SHARP JN-DK01 Add-on
     Based on Android 1.6 (API level 4)
     Libraries:
      * jp.co.sharp.android.hardware (hardware.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.io.obex (obex.jar)
 
     Skins: WVGA854, HVGA, WVGA800, QVGA, JNDK01 (default)
     ABIs : armeabi
     Adds USB support for devices (Vendor: 0x04DD)

6.AVD (Android Virtual Device)の作成
以下例では、AVD名:JNDK01、SDカード容量:128MB、Target ID: 2を指定してAVDを作成しております。
$ android create avd -n JNDK01 -t 2 --sdcard 128M

7.エミュレータの起動
前ステップで作成したAVD “JNDK01”を指定して、エミュレータを起動します。
$ emulator @JNDK01 -qemu --cpu cortex-a8

【注意】
JN-DK01 AddOnは、コマンドラインからのみEmulator起動ができます。
Android SDK and AVD Managerから直接Emualtor起動することはできません。

[制限事項]
起動直後、PCの方向キーが正しく動作しません。画面を回転(Windowsの場合、Ctrl + F11 or Ctrl+F12)することで正しく動作するようになります。



【SHARP SDK AddOn Android 2.1版 クイックスタートガイド】


1.Android SDKのインストール
Googleより配布されているAndroid SDKを「Android Developersサイト」より入手できます。
SDK Platformは“Android 2.1, API 7, revision 3”を
入手して使用してください。

2.SHARP SDK AddOn Android 2.1版の入手
最新のSHARP SDK AddOn Android 2.1版(zip形式の圧縮ファイル)はこちら

3.AddOnの展開
ダウンロードしたZIPファイルを、Android SDKの”add-ons”フォルダ配下に解凍します。

4.Android update adbの実行
Android SDK Tools, revision 5以前のSDK Toolsを御利用のお客様は、Android SDKのtoolsフォルダ配下のandroidツールに、下記オプションを付けて実行します。Android SDK Tools, revision 6以降のSDK Toolsを御利用のお客様は、実行する必要はございません。
$ android update adb

5.Target IDの確認
コマンドラインより”android list target”と入力、SHARP SDK AddOnのTarget IDを確認できます。
下記例では SHARP SDK AddOn Android 2.1版のTarget IDは2です。
$ android list target
  Available Android targets:
  id: 1 or "android-7"
     Name: Android 2.1
     Type: Platform
     API level: 7
     Revision: 3
     Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WVGA800 (default), WVGA854
     ABIs : armeabi
  id: 2 or "SHARP Corporation:sharp_addon:7"
     Name: sharp_addon
     Type: Add-On
     Vendor: SHARP Corporation
     Revision: 2
     Description: SHARP Add-on
     Based on Android 2.1 (API level 7)
     Libraries:
      * jp.co.sharp.android.hardware (hardware.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.io.obex (obex.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.stereo3dlcd (stereo3dlcd.jar)
 
     Skins: WVGA854, WQVGA400, HVGA, WQVGA432, WVGA800 (default), QVGA
     ABIs : armeabi
     Adds USB support for devices (Vendor: 0x04DD)

6.AVD (Android Virtual Device)の作成
以下例では、AVD名:SHARP2_7、SDカード容量:128MB、Target ID: 2を指定してAVDを作成しております。
$ android create avd -n SHARP2_7 -t 2 --sdcard 128M

7.エミュレータの起動
前ステップで作成したAVD “SHARP2_7”を指定して、エミュレータを起動します。
$ emulator @SHARP2_7

【注意】
Android SDK and AVD ManagerからもEmualtorを起動することができます。



【SHARP SDK AddOn Android 2.2版 クイックスタートガイド】


1.Android SDKのインストール
Googleより配布されているAndroid SDKを「Android Developersサイト」より入手できます。
SDK Platformは“Android 2.2, API 8, revision 3”を
入手して使用してください。

2.SHARP SDK AddOn Android 2.2版の入手
最新のSHARP SDK AddOn Android 2.2版(zip形式の圧縮ファイル)はこちら

3.AddOnの展開
ダウンロードしたZIPファイルを、Android SDKの”add-ons”フォルダ配下に解凍します。

4.Android update adbの実行
Android SDK Tools, revision 5以前のSDK Toolsを御利用のお客様は、Android SDKのtoolsフォルダ配下のandroidツールに、下記オプションを付けて実行します。Android SDK Tools, revision 6以降のSDK Toolsを御利用のお客様は、実行する必要はございません。
$ android update adb

5.Target IDの確認
コマンドラインより”android list target”と入力、SHARP SDK AddOnのTarget IDを確認できます。
下記例では SHARP SDK AddOn Android 2.2版のTarget IDは2です。
$ android list target
  Available Android targets:
  id: 1 or "android-8"
     Name: Android 2.2
     Type: Platform
     API level: 8
     Revision: 3
     Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WVGA800 (default), WVGA854
     ABIs : armeabi
  id: 2 or "SHARP Corporation:sharp_addon:8"
     Name: sharp_addon
     Type: Add-On
     Vendor: SHARP Corporation
     Revision: 3
     Description: SHARP Add-on
     Based on Android 2.2 (API level 8)
     Libraries:
      * jp.co.sharp.android.io.irrc (irrc.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.stereo3dlcd (stereo3dlcd.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.io.obex (obex.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.hardware (hardware.jar)
 
     Skins: WVGA854, WQVGA400, HVGA, WQVGA432, WVGA800 (default), QVGA
     ABIs : armeabi
     Adds USB support for devices (Vendor: 0x04DD)

6.AVD (Android Virtual Device)の作成
以下例では、AVD名:SHARP3_8、SDカード容量:128MB、Target ID: 2を指定してAVDを作成しております。
$ android create avd -n SHARP3_8 -t 2 --sdcard 128M

7.エミュレータの起動
前ステップで作成したAVD “SHARP3_8”を指定して、エミュレータを起動します。
$ emulator @SHARP3_8

【注意】
SHARP SDK Addon Android 2.2版は、Android SDK and AVD Managerからも
Emualtorを起動することができます。



【SHARP SDK AddOn Android 2.3.3版 クイックスタートガイド】


1.Android SDKのインストール
Googleより配布されているAndroid SDKを「Android Developersサイト」より入手できます。
SDK Platformは"Android 2.3.3, API10, revision1"を
入手して使用してください。

2.SHARP SDK AddOn Android 2.3.3版の入手
最新のSHARP SDK AddOn Android 2.3.3版(zip形式の圧縮ファイル)はこちら

3.AddOnの展開
ダウンロードしたZIPファイルを、Android SDKの"add-ons"フォルダ配下に解凍します。

4.Android update adbの実行
Android SDK Tools, revision 5以前のSDK Toolsを御利用のお客様は、Android SDKのtoolsフォルダ配下のandroidツールに、下記オプションを付けて実行します。Android SDK Tools, revision 6以降のSDK Toolsを御利用のお客様は、実行する必要はございません。
$ android update adb

5.Target IDの確認
コマンドラインより"android list target"と入力、SHARP SDK AddOnのTarget IDを確認できます。
下記例では SHARP SDK AddOn Android 2.3.3版のTarget IDは2です。
$ android list target
  Available Android targets:
  id: 1 or "android-10"
     Name: Android 2.3.3
     Type: Platform
     API level: 10
     Revision: 2
     Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WVGA800 (default), WVGA854
     ABIs : armeabi
  id: 2 or "SHARP Corporation:sharp_addon:10"
     Name: sharp_addon
     Type: Add-On
     Vendor: SHARP Corporation
     Revision: 4
     Description: SHARP Add-on
     Based on Android 2.3.3 (API level 10)
     Libraries:
      * jp.co.sharp.android.io.irrc (irrc.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.hardware (hardware.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.io.obex (obex.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.stereo3dlcd (stereo3dlcd.jar)
 
     Skins: WVGA854, WQVGA400, HVGA, QHD960x540 (default), WQVGA432, WVGA800, QVGA
     ABIs : armeabi
     Adds USB support for devices (Vendor: 0x04DD)

6.AVD (Android Virtual Device)の作成
以下例では、AVD名:SHARP4_10、SDカード容量:128MB、Target ID: 2を指定してAVDを作成しております。
$ android create avd -n SHARP4_10 -t 2 --sdcard 128M

7.エミュレータの起動
前ステップで作成したAVD "SHARP4_10"を指定して、エミュレータを起動します。
$ emulator @SHARP4_10

【注意】
SHARP SDK Addon Android 2.3.3版は、Android SDK and AVD Managerからも
Emualtorを起動することができます。



【SHARP SDK AddOn Android 4.0.3版 クイックスタートガイド】


1.Android SDKのインストール
Googleより配布されているAndroid SDKを「Android Developersサイト」より入手できます。
SDK Platformは"Android 4.0.3, API 15, revision 2"を
入手して使用してください。

2.SHARP SDK AddOn Android 4.0.3版の入手
最新のSHARP SDK AddOn Android 4.0.3版(zip形式の圧縮ファイル)はこちら

3.AddOnの展開
ダウンロードしたZIPファイルを、Android SDKの"add-ons"フォルダ配下に解凍します。

4.Android update adbの実行
Android SDK Tools, revision 5以前のSDK Toolsを御利用のお客様は、Android SDKのtoolsフォルダ配下のandroidツールに、下記オプションを付けて実行します。Android SDK Tools, revision 6以降のSDK Toolsを御利用のお客様は、実行する必要はございません。
$ android update adb

5.Target IDの確認
コマンドラインより"android list target"と入力、SHARP SDK AddOnのTarget IDを確認できます。
下記例では SHARP SDK AddOn Android 4.0.3版のTarget IDは2です。
$ android list target
  Available Android targets:
  id: 1 or "android-15"
     Name: Android 4.0.3
     Type: Platform
     API level: 15
     Revision: 2
     Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WSVGA, WVGA800 (default), WVGA854, WXGA720, WXGA800
     ABIs : armeabi-v7a
 
  id: 2 or "SHARP Corporation:sharp_addon:15"
     Name: sharp_addon
     Type: Add-On
     Vendor: SHARP Corporation
     Revision: 5
     Description: SHARP Add-on
     Based on Android 4.0.3 (API level 15)
     Libraries:
      * jp.co.sharp.android.io.irrc (irrc.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.hardware (hardware.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.io.obex (obex.jar)
 
      * jp.co.sharp.android.stereo3dlcd (stereo3dlcd.jar)
 
     Skins: WVGA854, WQVGA400, WSVGA, WXGA720, HVGA, HD720 (default), WQVGA432, QHD, WVGA800, QVGA, WXGA800
     ABIs : armeabi-v7a
     Adds USB support for devices (Vendor: 0x04DD)

6.AVD (Android Virtual Device)の作成
以下例では、AVD名:SHARP5_15、SDカード容量:128MB、Target ID: 2を指定してAVDを作成しております。
$ android create avd -n SHARP5_15 -t 2 --sdcard 128M

7.エミュレータの起動
前ステップで作成したAVD "SHARP5_15"を指定して、エミュレータを起動します。
$ emulator @SHARP5_15 -scale 0.4
※"-scale 0.4"を指定するとエミュレータが0.4倍に表示されて起動します。

【注意】
SHARP SDK AddOn Android 4.0.3版は、Android SDK and AVD Managerからも
エミュレータを起動することができます。
エミュレータの初回起動時は「ANDROID」の画面で停止いたします。
HOMEキーを押していただくと、HOME画面が立ち上がります。